たまごや石鹸堂 SHOP mailmagazine しあわせな後退 ひよこのページ お散歩のページ
NEWS NEWS GENZO
しあわせな後退

東京暮らし 【2】

まず最初に「田舎で暮らしたい」と言い出したのは私です。
毎日部屋の中でパソコンに向かって仕事をし、たまに見上げる窓からは向かい側のビルしか見えませんでした。
空も暗く、空気も悪く、食事の買い物に出ても車や人ばかりが多くて気が休まりません。

私の心の中にはいつも小学校の頃に遊んだ空き地や河原の風景がありました。
窓の外のビルを眺めながら、空き地に生えていたたくさんの小さな草花のことや、河原にゴロゴロしていた石ころのこと、昔飼っていた犬の鳴き声や大好きだった猫の手触りのことばかり考えていました。

東京はお金さえあれば何でも手に入る便利なところだと言うけれど、本当に私が欲しいものは何一つないのだ、無機物で塗り固められ、やせ衰えた草木しか生えてこない東京では本当の人間の暮らしなどありえないのだ、という気がしてなりませんでした。

「豊かな自然の中で動植物と一緒に暮らしたい」
それが私の最初の願いでした。

 
当サイトはリンクフリーです。
お好きな方のバナーをお使いください
当サイトの画像や文章を許可なく転載することをお断りいたします。
(C)たまごや石鹸堂 2003-2009 all rights reserved.

http://www.tamagoya-shabondo.com